凱旋 撤去 期限。 「パチスロが終わる」11月の“ミリオンゴッド凱旋”撤去で業界はどうなる? 店員の杞憂で終わるのか|ニフティニュース

に kAZU より• 2019年1月31日:15%以下• 一撃の出玉においては現役最高峰なので 2017年以降も打てるのは嬉しい限りですね! 今回は再認定による設置期間と新たな撤去日についてまとめていきます。

ただ、個人的に言わせてもらうならば、今の段階で「もうこれしか打つものがない」と言って『凱旋』を打ってる人って、それよりも前には、もっと別の台に熱中していたヘビーユーザーである。

中古移動は!? 中古移動に関しても大きな問題になっています。

規則のような実質的な法的効力はないですが、業界の様々な団体TOPで決めている規則ですから、それに従わない=業界内で村八分になるくらいに思って貰えれば良いと思います。

9号機の設置期限リストは以下の通りですが、2018年1月以降に検定を通過した機種については2022年1月31日まで設置可。

【高射幸性パチスロ機について】 高射幸性パチスロ機は2021年1月31日をもって、すべて撤去期限を迎えました。

組合は台の高騰を抑えるようにメーカーに交渉すべきではないか? おもちゃ枠は必要なのか?ライターはメーカーに文句は言えないのか? コロナ自粛については飲食店の倒産が過去最高というのはよく知られる通り。

44

そうなってくると、この台の認定期限が2020年11月ですから、「2020年1月末までに5%以下」という高射幸性機種の削減スケジュールには関係のある機種と言えます。

その一方で、風営法の関連規則には1年の延長とハッキリ書かれています。

「凱旋警察」などとくだらない揶揄を気にする必要などありませんが、サラ番の問題を受けて21世紀会が正規の手順(通報システム)を用意したのですから、現場のホールスタッフに当たり散らしたり、ネット上に晒すような行為は控え、正規の手順で粛々と通報していくべきと考えます。

地味に甘デジが延長なのも嬉しいな。

また、正確な撤去期限が分からなくとも、疑いがある場合に通報する事は何ら問題ありません。

34