ハデス ペルセポネ。 一時的にHadesの攻略に関する日本語訳を載せているブログ

メンテーは冥府の王ハデスに攫われようとしていたニュンペー。 そして毎年ペルセポネの帰還が大地に芽吹きをもたらし、彼女はの女神とも呼ばれるようになった。 しかし、子どもに権力を奪われることを恐れた父クロノスによって生後直ぐに吞み込まれてしまいます。 「父である自分が許すから、とっとと冥界へ連れて行け」とでも言ったのではないでしょうか。 ゼウスがを遣わし、ハデスにペルセポネーを解放するよう伝えます。
68 43
ザクロを数粒食べたために、ペルセポネは一年のうち三分の二を地上で、残りを冥府で過ごすことになりました。 にを1あげていること 戦争の神 The son of the god of the dead shall someday earn each of the Boons of Ares. また、「目もくらむような光」という意味もあります。 青銅の巨人の力を巨大なフレームに合わせて満たした。 鍛冶の腕を認められてオリンポス十二神に取り立てられた時、ゼウスの命令でアフロディーテと結婚しましたが、速攻で妻を実兄アレスに寝取られた神様。 ゼウスはハデスとペルセポネの結婚を、デメテルやペルセポネの許可を得ずに決め、ハデスはペルセポネを冥界へさらう。 Family 家族の再開 The son of the god of the dead shall someday deliver Persephone's personalized invitations to each Olympian, so they might gather for a significant announcement. 庭に植えるのはよくない、などと言われることがあります。 『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』監修、ナツメ社、2011年。
51