不思議 まとめ。 見れば見るほど謎だらけ… 「ラス・メニーナス」の不思議まとめ

コーイチ君 での出会い 2001年の秋 スロット のバイトをしていた「おれ」に、意味不明な事ばかり言うAがある宣言をする そう、 この霊が話す言葉とはまぎれもない日本語だったのです
京都は確かに山も多いですが、木造建築なども多く、また平野部も広いです 僕は明日特攻に行きます
ニューギニアの原住民を日本人が訪れた時のことです
その時、猛スピードで 旧日本軍のものと思われる駆逐艦が援護しに来てくれたそうです それには諸説あるようですが、1つ挙げられるのが、普段と違い、 戦争という緊張状態に置かれることで感覚が研ぎ澄まされ、見えないはずのものが見えたり、普段は到底発揮できない力が発揮されるという説があります
宇宙人はいるの? まことしやかに囁かれる都市伝説の中には、宇宙人の真相もよく現れます 先が真っ直ぐ伸びるのは、太陽の光を浴びるためとして推測できますが、なぜ根元部分がおよそ90度に曲がっているのかは謎なまま
しかし、それが原因である不可思議な出来事が起こり… その資料の中には核兵器の製造に成功したとは書いていないそうですが、一部ではその 製造に成功し、太平洋戦争末期には日本が核兵器を所有していたと言われているようです
21
引用: 5つ目に太平洋戦争中の都市伝説【第二次世界大戦】として挙げたいのは、日本は核兵器を所有していた? 実際は、不燃塗料を塗ったというのが真相だともいわれていますが、武蔵はその名に恥じることなく、立派に役目を終え、太平洋戦争において名誉の戦死を遂げたことは間違いないと言えます 昼寝ネコ 車の上で昼寝をしている猫です
地元の人々が公式に測定する前に魚が消えてしまったため、具体的な量についてはあくまでも推測になりますが、全て合わせて20トンはあったのではないかと考えられています お見通し【追加】 全てを見透かしているかのような彼女の話
霊的な怖い話より、こういう人間が極限まで追い詰められた時にとる行動の方が怖いのかもしれません 【9】駆逐艦の援護 引用: 9つ目に太平洋戦争中の都市伝説【第二次世界大戦】として挙げたいのは、駆逐艦の援護という都市伝説です
当時の日本は太平洋戦争とは呼称せず、「大東亜共栄圏」という大義名分の下、大東亜戦争と呼んでいました 世界の不思議な場所1:ナスカの地上絵 ペルー南部の乾燥した砂漠地帯に広がるナスカの地上絵は、南米全土で最も不思議で驚くべき先史時代の遺跡の1つ
しかし、まともにやっても大国であるアメリカやイギリスと対等には戦えません 現在ではユネスコの世界遺産に認定されているナスカの地上絵ですが、古代ナスカ人が「何故この地上絵を描いたのか」、また、「どうやって描いたのか」など、未だに多くのことが分かっておらず謎のまま
80