プソフェキ 配合 錠。 配合剤ジェネリック医薬品の統一ブランド名称について

アレグラの申請資料みると分かるのですが、鼻づまりへの効果が全然出なくて、申請側が「抗ヒスタミン薬には鼻づまりへの効果がないことは一般的に分かっているので評価項目からはずす」といって評価項目から外してますからね(汗) 文献調べてみると、メタ分析で鼻づまりにも効果があるという結果を出したものもあるのですが、そもそもメタ分析しなきゃ有意差でないようなものが臨床的に有用なの?って思っちゃいますよね。 注2)このような異常があらわれた場合には、減量、休薬等の適切な処置を行うこと。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 35) 大したことないじゃんと思うかもしれませんが、この研究の対象となった用量15~240㎎と幅がある上、年齢も平均35歳、治療期間の平均も6日となっています。 同じ薬効の薬を探す 同じ成分の薬を探す 同じ製薬会社の薬を探す. そして、含有量は1錠あたりにフェキソフェナジン60㎎、プソイドエフェドリン120㎎です。 また、不整脈、循環虚脱、痙攣、昏睡、呼吸不全がみられることもある。 4.眼圧上昇のある患者[眼圧が上昇する恐れがある]。 2.塩酸プソイドエフェドリンの急性過量投与に関する報告は市販後の情報に限られているが、交感神経刺激薬を大量に投与すると、眩暈感、頭痛、悪心、嘔吐、発汗、口渇、頻脈、前胸部痛、動悸、高血圧、排尿困難、筋力低下及び筋緊張、不安、落ち着きのなさ、不眠症などがみられることがあり、妄想や幻覚を伴う中毒性精神病がみられる患者も多く、また、不整脈、循環虚脱、痙攣、昏睡、呼吸不全がみられることもある(塩酸プソイドエフェドリンの排泄は、尿pHが低下すると増加し、なお、塩酸プソイドエフェドリンが血液透析によって除去できるかどうかは不明である)。 n数分かりませんが同等と判断しますね。 (高齢者への投与) 高齢者では腎機能が低下していることが多く、腎臓からも排泄される本剤では血中濃度が上昇する場合があるので、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
29
狭隅角緑内障• なお、フェキソフェナジン塩酸塩にはアドレナリン、アセチルコリン、セロトニン及びタキキニンの各受容体並びにL型カルシウムチャネルに対する親和性は認められていない。 厚生労働省『薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について』の製剤リストに基づく。 なお、フェキソフェナジン塩酸塩は血液透析によって除去できない。 痙攣 痙攣があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 充血除去剤は短時間、通常は10日未満しか使用しないでください。 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。
34
副作用 頻度不明 精神神経系 しびれ感、眠気、倦怠感、めまい、不眠、神経過敏、悪夢、睡眠障害、中枢神経刺激、激越、落ち着きのなさ、脱力、恐怖、不安、緊張、振戦、幻覚、頭痛、疲労 消化器 便秘、嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、消化不良、虚血性大腸炎、口渇 過敏症 注1) 血管浮腫、そう痒、蕁麻疹、潮紅、発疹 肝臓 注2) AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇 腎臓・泌尿器 頻尿、排尿困難、尿閉 循環器 頻脈、動悸、血圧上昇、高血圧、不整脈、循環虚脱 その他 味覚異常、浮腫、胸痛、呼吸困難、食欲不振、蒼白、月経異常 注1)このような症状があらわれた場合には、投与を中止すること。 8mm ので、高齢の方など服用しにくい場合は対処に悩むところですが、点鼻薬や点眼薬も併せて代替薬を提案できるようにしていたいです。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 〕 副作用 (頻度不明) ショック、アナフィラキシー ショック、アナフィラキシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、血圧低下、意識消失、血管浮腫、胸痛、潮紅等の過敏症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 39時間であった。 なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。 (過量投与) 1.フェキソフェナジン塩酸塩の過量投与に関する報告は限られており、外国での過量服用症例報告には用量が不明な症例が多いが、最も高用量を服用した2例(フェキソフェナジン塩酸塩1800〜3600mg)では、症状はないかあるいは眩暈、眠気及び口渇が報告されており、フェキソフェナジン塩酸塩の最大耐用量は確立していないので、過量投与例においては、吸収されずに残っている薬物を通常の方法で除去すること及び、その後の処置は対症的療法、補助的療法を検討する(なお、フェキソフェナジン塩酸塩は血液透析によって除去できない)。
39