玖島 川 のり。 廿日市市議会 細田勝枝のホームページ: 地域サポート(5期目)

(かむすさのお) 記紀と異なり自身の登場回数は少なく、大穴持命との血縁関係は伺えない。

【式内社】 ・久多美谷の奥の小字寺床の山頂の要害平に玖潭神社があった。

和加布都努志能命(わかふつぬし) - 秋鹿郡大野郷、出雲郡美談郷• それは久多美川から400メートルほど西の道路脇に鎮座していた。
古代朝鮮語との説もある 325• 松本清張の小説「数の風景」の舞台ともなった
224• 378• 118 (欠番:1994年以降不使用)• 「上分」とは通過する船から徴収する賽銭のようなものという説明がある [2013-1] 122 ( - )• 280 (欠番:1994年以降不使用)• 自然の地形の項ではその地形の様子と特産品の情報が記されている
しかし,盗難と戦災にあい,現在は廃寺に近いとのことである [1994-2] 大石は久多美川に竹を敷き船川まで引き降ろしたということで,とりあえず久多美川を遡るように道をとった
110 (2006年 - )• 309 ( - )• 324 (欠番:1982年以降不使用)• 342• 郷里 健部郷、漆沼郷、河内郷、出雲郷、杵築郷、伊努郷、美談郷、宇賀郷 神戸 神戸郷 寺院 新造院1所 神社 在神祇官社58所、不在神祇官社64所 地名 山野、河川、池、江、浜、埼、島 通道 意宇郡堺への道、神門郡堺への道、大原郡堺への道、楯縫郡堺への道 神門郡 [ ] 郷里に関してはを参照のこと この社が郡の式内社の筆頭になったのは,奥に長い谷とよく耕され丘に樹木が生い茂った風土記記載の地相にふさわしいためである
松江杵築往還については,伊野の池尻家,平田の木佐家,杵築の藤間家がある 鳥居を潜り,合わせて 40段ほどの石段を上がると,拝殿と大社造りの社がある
某社のお家騒動さながらの事件である 平田船川を渡り,なんとか宇美神社を探し出した
八束水臣津野命(やつかみずおみつの) 「八雲立つ」の言葉を発し、この国を出雲と命名したとされる 204• (うむかひめ) - 島根郡法吉郷、『古事記』の蛤貝比売
52 62

・とりあえず展望台に向かうこととして,新愛宕橋付近の石段を上る。

410 (欠番:1982年以降不使用)• 十六島地域と深いかかわりがある。

460• 354• 意宇郡安来郷、飯石郡須佐郷、大原郡佐世郷と御室山に登場する。

・境内に案内板がある。

妻問いの相手として、• 【雲陽誌】 ・福村「富田明神」の項がある。

農道を少し行ってから横道に逸れると,小山の下に据えられた石鳥居が見える。

374• 223• 主要地方道 [ ] 001 — 086 [ ]• 郷里 朝山郷、(日)置郷、塩冶郷、八野郷、高岸郷、古志郷、滑狭郷、多伎郷、余戸里 駅家 狭結駅、多伎駅 神戸 神戸里 寺院 新造院2所 神社 在神祇官社25所、不在神祇官社12所 地名 山野、川、池、水海、浜 通道 出雲郡堺への道、飯石郡堺への道、石見国堺への道 飯石郡 [ ] 郷里に関してはを参照のこと。

98