タイム カード エクセル。 【タイムカード集計をエクセルで】Excelでの勤怠管理の方法と注意点

「なんだか難しそう」、「試してみたけれど、なんだか思い通りに使いこなせない」「Excel勤怠管理では物足りない、もっと便利にしたい」そんな場合は、の購入も是非検討してみてください。 勤怠管理システムとは、従業員の出退勤をWeb上で管理できるシステムのことです。 以前は出勤簿の記録は自己申告でよかったのですが、2019年の4月からは、出勤簿と共にタイムカードなどの客観的な時間が把握できる機器と併用することが求められています。 その他にも、出勤簿、有給休暇管理表など、さまざまな種類のテンプレートが無料で用意されています。 勤務時間の記録には様々な方法がありますが、厚生労働省が平成29年1月に策定したガイドライン()には、原則的な方法が二つ挙げられています。 エクセルでの勤怠管理の例 先ほど紹介した勤怠管理の3つのステップのうち、どこでExcelを使うかによって、Excelによる勤怠管理の運用方法は異なります。 この目標を達成するために企業の勤怠管理方法にも影響が出ています。
33

勤務状況をリアルタイムに把握できる KING OF TIMEを始めとした勤怠管理クラウドシステムは、クラウドシステムを利用しているため、遅刻・早退や残業などの勤務状況をリアルタイムに確認できます。

【7】手作業での勤怠管理が限界だと感じたときは… 「従業員数が少なく、勤怠管理のコストを抑えたい」という場合は、Excelでもいいかもしれませんが、従業員数が多い、勤怠管理に毎月莫大な時間がかかっている、その他のさまざまなリスクも鑑みると、やはり勤怠管理システムの方がおすすめだと言えますね。

しかしタイムカードがシステム化されていればいいですが、単なる出勤と退勤の打刻だけのタイムカードでは自分の労働時間を一覧で見ることができません、 タイムカードのデータを元に出勤簿を作成すると毎月の労働時間を簡単に見ることができるので両方を併用するのがいいでしょう。

多店舗への 応援勤務の交通費等においても対応可能です。

それでは、集計担当者がタイムカードを用いて集計する際にはどういったポイントに気をつける必要があるのでしょうか。

【始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法】 使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法としては、原則として次のいずれかの方法によること。

49 29