約束 の ネバーランド 176 話。 【あらすじ】『約束のネバーランド』175話(20巻)【感想】

涙を流しながら、イザベラの胸に飛び込むママ。

この機会にジャンプ+で172話以降の話を読むことができますのでチェックしてみてください。

約束のネバーランド【第180話】のネタバレ 「あの方」との約束が履行され、全食用児達が人間の世界に渡る中、エマはレイやノーマン達とは別の場所に飛ばされていた。

約30年分の空白が恐ろしい。

— さくら sakura69624 イザベラが母として最期の意地を見せる 『約束のネバーランド』 今週センターカラーの表紙とても綺麗だな 雰囲気も明るいし これがママなりの贖罪だとすると命は助からない感じか? — 光 7koyuki2 約束のネバーランド最新話77話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

45 82
なぜフィルは生きていられたのでしょう? フィルが引き取られた農園には、GFからシェリーやエイゲンも引き取られています 爪から落ちる血がエマの顔に落ちていました
1000年前の約束 長らく人肉の味に親しみ、味を覚えてしまった鬼にとって、レウウィス言う農園廃止はハードルが少し高いものでした 銃を荷物と一緒に置いてきてしまったエマは焦ります
GVもGRも、他の農園も全て、廃止に向かって動いていく もしも自分には合わないな… と思えば解約すれば問題もありませんので
そんなママに対しイザベラは、農園が廃止され自由の身になったこと、これからは子供たちを心から愛してもいいということが伝えられました と励ますが、イザベラの瞳はうつろだ
食用児たちは全員喜んで、自由になったんだと話している時・・・エマが駆け出しました ここは危なーーー」 プポ卿が、自分の後ろにいた両親を気遣い声をかけた時
レイが銃を構えたその時、鬼の爪がイザベラの体を貫通しました さあ、これで思うままだ
「農園廃止だ!」 「新時代万歳!」 「新王レウウィス様万歳!!」 テンションが最高潮の民たちにレウウィス大公が答える やけになった鬼がイザベラを刺し貫く ようやくみんなで人間の世界へ行ける、と、希望を胸に抱きながら、前を向くエマ
職員の鬼は、腕を払って、イザベラをどかそうとするのだが、イザベラはつかんだ腕を放そうとしない 土煙が上がり、状況がわかりません
皆、ママ 約ネバ177話のネタバレはコチラになります
全農園の全食用児、子供も大人もみんなでやっと、遂に、人間の世界へ行けると考えるエマですが、突然、背後に鬼が現れます 全てが終わったと思っていたエマは銃を降ろしてしまっており、素手で鬼に立ち向かっていく