明智 光秀 子供。 【「麒麟がくる」コラム】謎多き明智光秀の子供たちとは!?その真相を探る!(渡邊大門)

ですが、戦国時代の下剋上により、。

この時、父・細川幽斎が隠居しました。

次女多羅の子 豊後国 臼杵藩第3代藩主・ 稲葉一通 (かずみち)の正室になり、第4代藩 主・ 稲葉信道を産みます。

土岐頼芸(とき よりのり)は、清和天皇の子孫である清和源氏 せいわげんじ の嫡流とされ、美濃の守護を200年務めた名門です。

明智憲三郎 あけちけんざぶろうさん 作家、歴史研究家。

当時の方は、名前が複数あることは珍しくないので、全員同一人物である可能性もありますが…。

次男は徳川の人質になる際に出奔して出家したからです。

上総国(かずさのくに)はかつて、源頼朝が北条氏の力を借りて、打倒平家に向けて、挙兵した場所です。

光秀の実子が土岐頼勝に名を変え、土岐家の家督を継いだ!?というものだそうです。

確実に存在してはいるといってもその事績・活躍を確認できる資料は非常に乏しいです。

16
味土野には、 明智家の「茶屋」があったとされています。 勧修寺経逸の娘・吉子 光秀の子孫 は、仁孝天皇、孝明天皇(こうめいてんのう)に仕えた公家である、堀河 康親(ほりかわ やすちか)の正室になります。 徳川政権時代 豊臣秀吉が死去すると、石田三成(いしだみつなり)と徳川家康の対立抗争が起きます。 細川ガラシャは (結婚前は明智珠 または玉:たま またはたまこ と言ってました)で 父親が 明智 光秀だということは、ひろく知られています。 スポンサーリンク 《藤堂高虎》 「引用元より」 ・長男 十五郎、光慶、玄琳、南国梵桂 【 1582年】、「」の後の消息は、亀山城で病死したとする説、坂本城で他の一 族と自害したとする説、上総国に落ちのびたという説など、諸説入り乱れてい る。 ただし、その説の場合には、筒井定次が織田信長の娘を正室に迎えて、本家の跡目となったため、明智自然は明智家に戻っていたようです。 光秀、ガラシャの子孫の熊本藩主 細川忠興とガラシャの三男である 細川忠利は、肥後熊本藩主の跡継ぎになりました。 ・三男 乙寿丸 【 1576年】頃の生まれ。
79