爪 と 皮膚 の 間 が 痛い。 爪と 皮膚の 間痛い, 爪下血腫(そうかけっしゅ)

どんなに良い靴でも、サイズが違うと歩きにくく靴擦れや巻き爪などになりやすくなります。

デザインが好きでも痛い靴を履いていると、靴による圧迫で巻き爪になることもあります。

私には5歳くらいから続いている癖があります。

爪を観察すると爪と皮膚の間には、白くて薄い皮のような物がありますが、これはハイポニキウム、又は爪下皮と呼ばれ、爪を支えており爪と指を密着させる役割をしています。

特別なことではないんだけど爪と皮膚に痛みがある人はこの2つを徹底すると治りやすく再発しにくくなります。

最近ではジェルネイルも流行っていますが、爪に傷をつけて剥がれにくくしたりリムーバーを使う際にパックをし溶かしますが、爪への負担も大きいです。

毛や爪は一生伸び続けるので、定期的に適切な長さに整える必要がありますが、 もし毛や爪に神経が通っていたら、毛や爪を切ることは痛すぎてできないでしょう。

化膿性爪囲炎を繰り返す場合、食生活が関与している可能性があります。

ビタミンや鉄分、たんぱく質など、日ごろの食事から補える栄養ばかりなので一度チェックしてみてください。

まとめ 爪は指先の神経が過敏なところにある為、爪が皮膚に食い込んだり又は割れるなどのようなトラブルが発生するととても痛みを感じるものです。

小さな傷以外にも、巻き爪で皮膚が食い込んで急性爪周炎になることもあります。

細菌感染を起こしやすい為、ひょうそになる場合が多いようです。

その割れた部分から細菌が侵入して炎症を起こす事もあります。 上から抑えて 浸出液を外に出せば 痛みは軽減します。 歩くたびに 爪の下にたまったものが 押し出されていきます。 指先は神経が集まっているって聞くと思いますが他の部位に比べると指先は感覚が優れている分、痛みを感じやすい。 それにより、指が変形する恐れがあるので注意しましょう。
18