10 年 後 の 自分 例文。 面接で「10年後の自分」を聞かれた時の的確な答え方【例文あり】

時間の無駄です ここは高ければ良いというわけではありません
エントリーシートの記載例 学生にとって「人柄」を問われるのがエントリーシートだと分かっても、「人柄」という言葉自体が漠然としていることでしょう 時代の流れに取り残されないよう、常に貪欲な姿勢で知識を求める人材が求められています
これが単に「将来も会社の利益を追求します」だけだと薄いんですよね そうしたスタンスのほうが、視野や可能性を広げ、結果的にいいキャリアを歩めることもあります
ただし、企業や採用担当者によっては明確に使い分けている場合もないとは言えません とりわけ大学入試の際であれば、10年後は27歳から28歳前後になっていることになるので、会社に入社して数年経過することになります
1.キャリアの志向が、自社のキャリアパスと一致するかどうかを確認したい キャリアの積み方は、一般的には「スペシャリスト志向」と「ゼネラリスト志向」に分かれます 会社のビジョンとの親和性を図りミスマッチを防ぐため 会社には 会社組織としての10年後があり、就活生には 一個人としての10年後があります
45

具体的な内容を考えるには、その企業や希望する部署などの情報がなければ考えることができません。

10年後の自分をイメージできている就活生は少ない 就活では10年後の自分について聞かれることが多いですが、これを上手にイメージできている就活生は少ないです。

さまざまな情報に触れて、自分なりのビジョンを作成できるよう準備しましょう。

私自身、10年後の姿なんぞ考えたことはありませんし、比較的若くして成功されている人で10年後うんぬん言っている人を少なくとも私は見たことはありません。

10年後の働き方として臨むものは人によって異なります。

【10年後の将来像を聞かれた時のおすすめの回答例文】 「(3秒ぐらい考えてるフリをした後に)正直に話すと、10年後の将来像や未来を具体的にイメージすることはできません。

業界・企業研究を行う 5年後、10年後の自分をイメージするには、事前に企業研究を行い、企業のビジョンや方針を把握しておくことも必要です。

38
海外のクライアントとの対応も増えるかと思いますので、現在は個人的に英会話講座を受けています たとえば「世界を股にかけるトップセールスマン」という目標を掲げるのは自由ですが、なぜ世界なのか、なぜトップである必要があるのかが疑問になります
それなのに食品メーカーの面接を受けているとします はじめに 就活面接で困りやすい質問の一つに、 10年後の自分についての質問があります
自分で読むにしても、人に読んでもらうにしても、書いた内容が伝わらなければ全く意味がありませんので、まずは自分の知っている単語を使って書くということを意識しましょう ポイントはまず「正直なところ10年後の具体的なイメージはついていません
多くの学生が無意識的に陥りやすい誤りもありますので、ここでは一般的に避けるべき事例を紹介します そのため、10年後の自分について質問をされた時に転職や起業の話をするのは、採用してもすぐに 離職してしまうのではないかと思われてしまうかもしれません
いずれにしても、キャンピングカーで日本一周と言われてもアクティブなイメージにはならず、マイナス評価になるのが一般的です 入試における小論文においては、単純に自分の姿だけを述べていれば良いというものでもありません
10年後の自分を的確に答えるためのポイント 続いて、就活で10年後の自分について聞かれたときに、的確な回答をするためのコツを解説していきます なぜなら、学生時代の居酒屋のアルバイトで新人教育に携わった際に、新人たちの得意・不得意を見極め、その人に合った適切な指導をしたり、仕事を与えたりすることで業績を伸ばしたという経験があるからです
これらの質問意図があるからこそ、事前に将来像の対策が重要です その裏付けがないと、その場の思いつきで言っている 口先だけの回答となり信用度が下がってしまいます
ときには、現職で実現できない要素に気付くこともあるでしょう キャリアアンカーとは、アメリカの組織心理学者エドガー・シャイン博士が提唱したキャリア理論のことです