木下 タピオカ。 木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ?

もともとは、 店舗オーナーと木下さやかさんは、ママ友だったようで、木下さんが家庭内のストレスなどから精神的に疲弊していた様子を見て、少しでも気晴らしになればと『タピオカ屋オープンするから一緒に働く?』と声をかけたそうです。

さらに、「共同経営」と言ったか言ってないかでももめています。

20日から是非タピりにいってね」と自身のインスタグラムで紹介。

木下優樹菜 個人的には「元気な姿をまたテレビで見たい!」と思っていましたが、、この活動復帰に対しても批判の声が殺到してしまいました。

木下優樹菜 上でも紹介していますのでもう説明不要ですね。

実際は、 木下優樹菜さんの姉であるさやかさんは一従業員であり、50代の女性オーナーの100%出資によってタピオカドリンク店は開業されました。

青山テルマさんも開店時にはお花を送ってくれた 木下優樹菜さんがそもそも『一般人の姉の店』を芸能人パワーを使って宣伝したことが間違いの始まりかもしれませんね 事を荒立てて、事務所総出で週刊誌に売るとか、弁護士とか」 さらに、とき同じく10月7日、とあるツイッターユーザーが、この件についての暴露を始めるのです
裁判所が原告のタピオカ店オーナーに事実確認の書面提出を求め、閉廷となりました」(スポーツ紙記者) そもそもなぜ和解できなかったのか ダイレクトメッセージ(DM)での恫喝めいたやりとり、活動自粛、さらには離婚発表……振り返れば目まぐるしい展開の1年だった スラリとしたスタイルは健在だ
ここで最初の両者の勘違いが表に出てきて、モメた結果、さやかさんはお店を辞めることに 木下さんと当時所属事務所、出演契約を仲介した広告会社を訴えている
優樹菜の 姉はアルバイト ということが後に判明します 木下さんのインスタグラムアカウントはすでに削除されています
・姉のさやかは、『窃盗の犯人扱いされたこと』また『給料が渡されず、給与明細も貰っていない』ことを木下優樹菜に相談 木下優樹菜さんはオーナーにラインを送っていたのですが、その内容がTwitterで投稿されていたのです
というのが真相なんではないか?と思います 皆さんの誤解を解いておきたいです
しかも、木下優樹菜さんは、 「お店にはいかなくていいよ」とまで書いていました 長年にわたり、木下優樹菜を応援していていただいたファンの皆様、関係者の皆様には、このようなご報告となってしまい大変申し訳ございません
7