黒子 の バスケ きせ りょう た。 ラスボス黄瀬 (らすぼすきせ)とは【ピクシブ百科事典】

口癖は「楽しんでこーぜ」 また、シューターとしては人一倍に負けず嫌いで、相手が強ければ強いほどシュートの精度が上がる
ダンディなオールバック その後、洛山のチームプレーに追いつめられるが、観客からの声援を受けて、ゾーンの深奥にある「第二の扉」を開放し「 」に突入する
すべて• Do not place in direct sunlight or high humidity. ポジションはPF その呑み込みの早さを活かし、一度見た相手の技を即座に再現できる「 」の技術を持つ
プレッシャーに強くなるために「シュートを外した数だけお気に入りのを折る」という特訓を強いられた結果、現在の強気な人格が形成された 副題は作中に登場したセリフが使われている
当店にて確認後、良品と交換させていただきます を使用した、DF力の高いチーム
二つ以上の能力を組み合わせることも出来るため、非常に幅広いプレーを展開することが可能である だが、青峰はその非凡の才能が開花し、周囲との実力差が開きすぎたことに絶望し、やさぐれて練習をサボるようになる
誠凛の中では比較的常識人だが、家族 揃っての好きであり、ダジャレを書き留めるネタ帳を何冊も持っている オーダーサイズに必要な項目(ヌードサイズでお願いします)1. 中学時代は部に所属していたが、同じ中学でバスケ部だった水戸部に感化され、高校からバスケを始めた
19
(CV)• そして朝礼の時、屋上から全校生徒に向けて「日本一を目指す」ことを宣言し、日向の決意を知ったリコも監督として部に入る。 全中では準決勝で黒子が負傷する。 学業は優秀で、テスト期間も個人的に居残り練習を認められている。 キセキの世代の中で最もバスケ経験が浅いため、自分でも「一番下っ端」と述べることがある。 背番号は7。 という公式設定があり、ファンブックキャラクターズバイブルでもと説明されている。 彼との発言に悪態をついたり 、マイペースぶりに振り回されるものの、共にプレーする中で互いを認め合い、WCの対洛山戦ではコンビネーション技を披露してあと一歩のところまで追い詰めた。 1年通して達成できなかった場合、全裸で好きな女子に告白する義務を負う。