将棋 藤井。 藤井二冠の自作PCについて最強将棋ソフト開発者に聞いたらトンデモないことが判明した件

普段はのびのびと、思ったことを言いながら指している感じですよ」 ちなみに師弟は、ともに食事へ出かけることがあるという。

杉本は自らの持ち味を「持久力があること」と語る。

59
当時(昭和)の将棋界は荒っぽい世界で、将棋のプロになるのは、裏街道に行くみたいな感覚が世の中にあった けれど羽生さんからすれば、最後まで粘って相手のミスを待つことのどこが悪い? なのです
制限時間は30秒・・・というのは早すぎますね 聞きたいことは山ほどある
一番印象的なのは終盤の強さ 藤井四段は問題をちらりと見ました
勝つためにソフトをカンニングに使うだとか(何度も言いますが、三浦さんは無実です)、それを棋士たちが集団で告発し、敵味方に分かれて派閥抗争をするだとか 安定した実力、高いモチベーションの維持が求められる
ちなみに、わずか13歳で三段リーグ(奨励会)に入り、一期で抜けるというのは、とんでもないことです 詰める側の「攻方」は持ち駒と取った駒を使ってよく、詰められる側の「玉方」は最善、最長手数になるよう王手を回避する手を指す
89