線路 は 続く よ どこまでも 歌詞。 『線路はつづくよどこまでも』は超大人向けの歌だった

ご注意ください。

として各駅(、2番線、近鉄管轄のおよび山陽管轄のを除く)で停車列車の接近放送の最初に流されている。

のは、において得点が入った際に、応援団とチアリーダーがステージ上で「」を踊りながら歌う。

歌詞は、英語の内容を比較的よく伝えている。

概要 [編集 ] 原曲は、から始まった建設に携わったの工夫達によって歌われ始めたもので、の過酷な労働を歌った・の一つである。

明るく、楽しい汽車旅を歌っている歌ですよね。

02』に収録されている。

そして、『』の中で、『 線路はつづくよどこまでも』(NHK版では『 つづくよ』は)として紹介されて以降、ホームソング、として愛唱されるようになった。

84
相手投手交代時には1コーラスが、試合・攻撃開始時、勝利での終了時および打者の出塁や、犠打・得点の際にはサビの部分が演奏される そこでこの歌では皮肉として「妻が浮気して、どこぞの馬の骨とあんなことやこんなことをしてる」という旨の詞が歌われているのです
社畜ver『線路の仕事』 実は上記は子供向けに改めて書かれた歌詞でした 動画 歌詞 タイトル:線路の仕事 作曲・作詞:アメリカ民謡 訳詞:津川主一 編曲:荒木栄 線路の仕事は いつまでも 線路の仕事は はてがない 汽笛のひびきがなりわたれば 親方はさけぶ ふきならせ つらい仕事でも しまいには つらい仕事でも はてが来る 汽笛のひびきがなりわたれば つるはしをおいて 息たえる 先の童謡とは異なり、上記の歌詞では線路を作る労働者をテーマにした歌になっていることが伺えますね
The eyes of Texas are upon you, You cannot get away. みんなのうた版 [編集 ] 前述の通り、この歌はNHKの『みんなのうた』で歌われたが、初回はで、歌はだった (JR西日本)• しかしこの曲にはいままでの日本版2パターンに含まれていない大人の要素が含まれているのです
かつての一部形式(アーバンライナーや伊勢志摩ライナーなど)に列車電話が設置されていた頃は、自動放送で乗客にが弱いが故に列車電話が暫く使用不可であることを伝えるアナウンスの車内チャイムとして使われていた のタイガーIH炊飯ジャーでごはんを炊くとメロディが流れる
からに放送され、日本では1960年6月1日より系・で放送された その前にすでにメロディは日本に入ってきており、1955年に『線路の仕事』という曲名で日本語の歌詞も付けられました
お前のホーンを鳴らしてくれ 「ダイナ、吹き鳴らしてくれ、お前のホーンを」 ここですぐに思い浮かぶのは列車の汽笛なのでしょうが、実は裏には卑猥な意味が込められております の曲としても知られている