たとえ 灰 に なっ て も 続き。 たとえ灰になっても (Raw

」 クロエル「んん?何だい?ユキくん?」 ユキ「アンタが用意した金は、全部で9999億だろ?この流れなら遅かれ早かれ兆を越すと思われるが、どうするんだ?」 クロエル「心配には及ばないよ、ユキくん。

本名は 岸和田 俊寛(きしわだ としひろ) 現世での死因は移動書架に挟まれたことによる圧死
ユキの正体には気付いているが「大切な人」と思っており、ユキを憎み本名を明かせと迫る亡々死に対し「教えない」と答えている 観察力に長けており、準々決勝では他のプレイヤーの動向を詳細に把握している
一人称は「私」 りんが他3人の本名を暴露して殺したため本戦に進出したのはりん1人のみ
部屋の隅で、麗奈はりんに「沙羅を助けに行かないのか」と聞いていました 沙羅を主人公とした『 Aグループ編』と、紫ユカリを主人公とした『 Cグループ編』、最終章である『 B・D・Eグループ編』が公開されている
ゲェムへの参加目的は「 没落した自身の一族の復興のため」で必要額は20億円だが、実はフカシで本来の目的・必要額は不明 エクスター公の娘 『すべて灰になっても』に登場
書誌情報 [ ]• しかし、ユキは亡々死に冷たく諦めろと言うのでした 手術室のような空間を舞台に、ベッドに縛り付けられた状態で麻酔なしのまま肉体を解体される
そしてふたつめは命を懸けてでも手に入れたいと願ったモノ ここで沙羅が吐血…いよいよ時間が無くなり、緊張感が高まります…
クロエルから与えられた姿は、右目を隠す前髪と花の髪飾りが特徴な気弱そうな印象の少女だが、元の姿はロングヘアのおさげの少女 外部リンク [ ]• 常称寺を救えたことに満足するも、常称寺の叱責から自分がただ助けた気になっていただけに過ぎなかったことに気付き、決勝戦まで守り抜くことを約束するが、その直後にフグドクに本名を暴露されて死亡する
自ら本名を暴露して自殺することもできるが、ゲェムオーバーとなって処刑される際は、自殺防止のために本名や自身の正体にかかわる事柄を自分からは言えなくなるという制限がかけられる 茫然自失の生活を送る中、偶然公園で出会ったある少女の足長おじさんになろうとクロエルの誘いに乗ってゲェムに参加するが、ゲェムを勝ち抜くことには消極的であり、美咲に似た雰囲気を持っていた常称寺を助けようとする
めがね子と同様に予選で資金の追加をして右手の指を失っており、右手に巻き付けた包帯の下に指の切断に用いられたナイフを隠し持っている プレイヤーはクロエルからチケットを受け取った後、クロエルが仕組んだ事故によって一度死亡し、辺獄にて仮初の肉体(プレイヤーの本来の年齢・性別にかかわらず、全員が10代後半の少女の姿)を与えられた状態で復活する
血だって臓器だってなんだってとは……気がついてないかもだけど、こんなこと言っちゃえばロクなことにならない気がする music. 沙羅は、医者が名乗り出ない理由を補足し、ユキの態度を肯定して、皆の心情を思いやったのです
10