ちくわ。 竹輪

焼いたものは焼き竹輪と呼ばれ、蒸したり茹でたりしたものは蒸し竹輪、白ちくわなどと呼ばれる。

しかし、ちくわは冷蔵保存が基本となるので、暑い時期は持ち運びが心配なことや、ちくわに含まれている食塩の量が気になるところです。

地域によって用いる魚、形、味にそれぞれ特徴がある。

、などを含んだ魚油が添加された「ビタミンちくわ」が、特にではよく消費されている。

の名産品にに魚のすり身を巻きつけて焼き、竹を抜かないがある。

事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。

() その他 [ ]• いずれも長野県外での生産であるが、生産地よりも長野県での消費が多いのが共通した特徴である。

ゆでることで食塩が湯に少し溶け出すため、調理法を工夫することもおすすめです。

49 89