コロナ ウイルス は 細菌 兵器。 中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

普通に考えて、ウイルスの中に違うウイルスのDNAが混ざるなんてことは自然界では起こり得ない。

「当時は秘密の研究所であっても事実は事実として残し、歴史の審判を受けるべきだと考えています」 祭神は「八意思兼神」
そのためには、センザンコウが毎日のようにコウモリを食べても、実に1万年以上かかります そして、ゲノム編集技術でコウモリのSタンパクと、マウスの体から抽出されたSARSウイルスを人工編集すると、できている人工ウイルスが人間のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)と融合して、人間の呼吸器の細胞を完璧に融合できます
インド人ウイルス学者らが、新型コロナウイルスにはHIV遺伝子配列に類似したものが含まれていることを示唆する論文を発表すると、激しく攻撃され撤回を余儀なくされた 本書は、その資料館の内容を案内しつつ、研究所がやっていたことを振り返っている
登戸研究所に勤務していた人々の有志の団体は2005年、明治大学の学長あてに資料館設置の要望書を出している 『日本の島 産業・戦争遺産』(マイナビ新書)では、戦時中に毒ガスを製造していた瀬戸内海の島が今はウサギの島として有名になっている話なども伝えている
当時の記事を読む• ちなみに 武漢ウイルス研究所は、海鮮市場から30kmほどの距離に位置しています 人体実験のことも書いている
ちなみに「大紀元」はその後、米イリノイ大学のフランシス・ボイル教授が「中国の生物兵器だ」と語ったことも生物兵器説の根拠としている とくにオルタナ右翼言説で知られる「ゼロ・ヘッジ」と、極右系ラジオパーソナリティが運営する「インフォウォーズ」が大きく貢献した

〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• 他国の国民をゆっくりと殺し、また経済を崩壊させる。

いったい、そんな陣営のプロパガンダに嵌りたくないです。

論文を批判した者たちは、HIVが挿入されたと仮定しても、新型コロナウイルスにはヒト免疫系を傷つけることはできないと主張した。

しかしすぐに、ヘビは新型コロナウイルスに感染しておらず、コウモリは同市場では売られていなかったことが判明した。

実際に開発されたのが「青酸ニトリル」。

記事内容は、必ずしも本サイトの見解を反映するものではありません。