ノース ポール。 ノースポール(クリサンセマム)の育て方

鉢植えの場合も同様で、緩効性化成肥料を1か月に1回程度、置き肥して下さい。

ノースポールはキク科の1年草で、別名クリサンセマムと呼ばれています。

開花期は12〜5月で、長く咲き続けてくれるのも美点です。

ざっくりと並べていきますね。

日本放送協会の『ラジオ深夜便』のウェブサイトでは、「その日の『花』……は、どうやって決めたの?」との問いに、「選定は、日本の代表的な園芸研究家お二人にお願いしました。

鈴木庸夫写真『春の花』畔上能力ほか解説、〈山溪ポケット図鑑〉、1995年、26頁。

食害を見つけたら、株元を土を軽く掘り返すと潜んでいることがあります。

原種となったのは、北アフリカ原産のレウカンセマム・パルドスム種 Leucanthemum paludosum で、サカタのタネが作出し、1970年頃から市場に流通するようになりました。

冬場の水やりは晴れた暖かい日を選びましょう。

原産地は北アフリカと南ヨーロッパで、 地中海沿岸に広く分布しています。

その他の違い その他にも見分けるのには役立たない部分なら、 違いがまだまだあります。

葉っぱの違い ノースポールとマーガレットの違いで、 一番わかりやすい部分は葉っぱです。

com ノースポールは、キク科のフランスギク属 レウカンセマム属 の一年草です。

白い花弁と中央の黄色い花心のコントラストが美しい花です。

植物って 本当に強いよ。

まずは、この鉢に植えてと、なんか徒長気味よね。

com 【庭植え】 丈夫な性質で土壌を選びませんが、植え付ける1〜2週間前に腐葉土や堆肥などの有機質資材を植え場所に投入し、よく耕してふかふかの土をつくっておくとよいでしょう。

分布 [ ] 原産地はの周辺ないしは。