嵐ブログ大野智。 大野智が嫌いだ。2

コンサートの演出をしているから 「大野さんのソロ、今のままだと尺が短い。

ずっと破綻している。

テレビ関係者が振り返る 本当に、その持ち前の頑固さで、さっさと辞めてりゃ良かった
の中にアイドルとしての自覚は、一生芽生えることは無かった その場所に立ちたくても立てなかった人が沢山いる中、強靭なメンタルでよく立ち続けたよ
「2006年ぐらいから、正直『やめよう』と思った」 「この仕事をしていたらできないことに、興味を持ち始めちゃった」 「単純に、自由になりたいみたいな気持ちがずっと起きて」 今回の活動中止とほぼ同じ心情を語っていたのです タレントとしては最多の4度目だった
帰ってくる保証はどこにも無い ファンを幸せにしたいと汗を流しているアイドルは他にいくらでもいるのに
その数年後、自分の作品集のクレジットに彼女の名前を忍ばせて売った でもやっぱ毎日同じことをやると、よくわかんなくなってきちゃって
家で絵を描いたりしてたんですけど、そこで急にデビューとなって」 その頃、KinKi kidsの舞台があり、「とりあえずそれに出て、ということで、じゃあ出るわ、って」 なんか僕、極まったら次のことをやりたくなるみたいで
まんまとそのTシャツを買っていた(それも3枚)自分…… ファンの理想を追い求めるのがアイドルだ
彼女の飼ってるパグをファンの胸元に飾って、その様子を見たい …お察しのとおり、そのパグは彼女の飼っていたパグでした
その数年後、自分の作品集のクレジットに彼女の名前を忍ばせて売った 本当に、その持ち前の頑固さで、さっさと辞めてりゃ良かった
お願いだから、帰って来ないでくれ さらに昨年10月、『週刊文春』にシングルマザーの女性とのマンション同棲を報じられた
26
でもやっぱ毎日同じことをやると、よくわかんなくなってきちゃって それでも吐き出さないほうが不健康だ、と判断したので 吐き出せるだけ吐き出します
押し切られて、デビューした 当時の自分
隠すどころか、着て欲しいって、あんた………… 歌ってよし、踊ってよし
」 ファンだった頃、この「辞めたかった」という言葉を聞くたびに心臓が重くなった ファンが求めていようが、自分がやりたくないことは絶対にやらないのがだ
16歳から18歳まで、なんと1日5回公演! 「嵐になる直前、事務所を辞めるつもりだった 心の底から思う、と出会いたくなかったと
自分のやりたいことをやるのがだ 辞めたいのに我慢して続けているアイドルになんの価値があって、あまつさえ感謝なんてするんだろう
メンバーに辞意を告げた頃、大野さんが『あさイチ』に 大野さんは、デビュー前のJr. 復活は絶望的 「辞めたかった」というのはがこれまでに何度も口にした言葉だ
前にも書きましたが未だにこんなにについて言いたいことがあるのは 正直めちゃくちゃ悔しいんですが 続く3度目は、13年
(彼女の存在が明らかになると一気に現実に引き戻されてしまうので) それから数年経ち、2015年の9月 まなおか ふじみ 結構変わったお名前だなーという印象ですが、 調べたところ「まなおか」という名字の方は存在しないんです