電波 時計 受信 しない。 電波時計で受信しない時の対策!感度を上げる方向・場所や電池交換について徹底解説!|つぶやきブログ

ところで、 「電波時計は電波をエネルギーにして動いている」と思っている方もいますが、 それは違います。

設定をご確認ください。

ただ、電波時計の電池交換は、自分で行う事はおすすめできません。

それも秒単位ではなく、4時間とか6時間とかずれることが、数日~数週間に一度くらいあります。

電波時計は中に電波を受信するアンテナなど普通の時計よりも複雑な構造をしている為、 普通の人が電池を交換すれば中の部品を傷つけたり位置をズラしてしまう事があります。

しかし、電波はビルの影やコンクリートの建物の中までは届かないのが普通で、実際には、テクノロジーのスペックだけをいいように解釈して、思い込みで電波時計を購入した一般大衆の期待を一部裏切る結果となっているのが現実なのだ。

これはオフの状態 オンの状態にして、スマホの音量を最大にします。

家電製品が止まっている深夜に受信が成功する可能性が高いのです。

スチール机等の金属製の家具の上や近く• アプリから出力される日本標準時の模擬信号を利用します。

感度を探す これらの一連の流れが必要なわけで、私のような慣れない人がやると手間も時間がかかりすぎてしまいます。

44

対策2.場所を変えて電波時計の感度をあげる 次に電波時計の感度をあげる場所を見てみましょう。

携帯の電波塔は正確には「基地局」と言い、 そこで直接携帯の情報を電波でやり取りします。

電波が受信するまで、最長約16分かかります。

この場合、屋内で受信できる場所を探しましょう。

これが、外からの衝撃でずれてしまうと、数秒または数分ずれた時刻を基準位置にしてしまうのです。

17