烏 野 高校。 烏野 (からすの)とは【ピクシブ百科事典】

岩泉のことを「はじめ」と呼んでいる。 影山の中学時代のチームメイト。 疲れている様子は見られるものの、キレのある動きで点を取りに来る日向と影山の姿を、天童は「スタミナ妖怪」と表現した。 しかし、セッターとしてのみならずバレーボールプレーヤーとしての能力を解放させた影山を始め、完璧なレシーブを体得した日向、その他田中、西谷など各メンバーが成長を見せたことで、最終セットまでもつれ込んだ試合は烏野が制した。 第8話:嫌な男 リードされたままファイナルセット中盤を迎えた場面で負傷した月島。 背番号は6。
5

伊達工練習試合(25 - 26巻) 12月中旬、ユース合宿・1年生強化合宿・サーブ強化週間を経た烏野は、春高前の総決算として更にリードブロックのレベルを上げた伊達工との練習試合に臨む。

春高出場を決めた影山を見て「ムカつく」と吐きながらも、影山のプレーを誇らしく思っている様子。

の日」としてに申請し、正式に記念日として登録されている。

トス回しに関してズバ抜けたセンスを持ち周囲からは「天才」と評される一方で、自らを天才とは微塵も思っておらず、高い志でひたすらバレーボール道に突き進む。

また、チームを鼓舞することにも長けていてチームに非常に重要な存在です。

第2セット後半から第3セット前半にかけて、烏野の菅原と山口にサーブで狙われたり、田中の意図せぬ挑発や月島の機転などもあって調子を崩したため一時はベンチに下げられた。